ギリシャのランシモス監督の「ロブスター」、2016年3月5日(土)に待望の全国公開

lobster_lanthimos

日本でも公開され鮮烈な印象を残した映画「籠の中の乙女」で知られるギリシャの新進気鋭の映画監督ヨルゴス・ランシモス(ランティモス)の最新作「ロブスター」が、2016年3月5日(土)に日本で劇場公開されることが決まった。

シナリオは監督自身と「籠の中の乙女」でもタッグを組んだエフシミス・フィリップ。カンヌでも絶賛された「籠の中の乙女」に引き続きギリシャからはアンゲリキ・パプリアが出演。このほかにもレイチェル・ワイズ、コリン・ファレル、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、アリアン・ラベドといったビッグスターが名を連ねている。

本作は東京・新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷をはじめ全国で公開の予定。

・映画「ロブスター」公式サイト

永田 純子
永田 純子
(Junko Nagata) GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

関連記事

FOCUS GREECE-JAPAN

最新記事

POPULAR