スポーツ

Through the Lense of GreeceJapan.com

Photos by Junko Nagata

K-1 ReBIRTH2:ギリシャのプリフティ、K-1王者KANAからベルトを奪取(photos)

GREEK2023年12月9日(土)大阪・難波のエディオンアリーナ大阪で開催されたK-1 ReBIRTH2で、K-1 World GP女子フライ級タイトルマッチが開催され、K-1王者KANAに挑んだK-1初参戦・ギリシャのアントニア・プリフティが3ラウンドの激戦を制しギリシャ女子ファイターとして初めてK-1のベルトを手にした。近年ギリシャから数々のファイターがK-1のリングに参戦してきたものの、その強みを十分に見せつけることが出来たとは言い難い中、満を持してギリシャから参戦した22歳のプリフティは、自身がバックグラウンドとする57kg級から10kg近くの減量を経て、初のK-1の舞台でも物怖じすることなく王者KANAを相手にアグレッシブな闘いを披露。長身を活かし、キックからパンチまで多彩な攻めを武器に王者KANAを相手に一歩も引かない戦いを繰り広げ、これまで3度に渡って王座を防衛し続けてきた絶対王者・KANAからK-1女子フライ級のベルトを奪取した。これまでMMAでも戦って来たプリフティは試合後の会見で、K-1への参戦は自身の夢であったと語るとともに、その夢の舞台でベルトを手にすることが出来たことに感動したと告白。また、57kg級から10kg近い減量を経て挑んだフライ級での闘いで得たベルトの保持に強い意欲を見せた。[ KANA-アントニア・プリフティ戦フォトレポート ]photos: Junko Nagata ©GreeceJapan.com  

ツアー・オブ・ジャパン2023:ギリシャのバグラス、最終第8ステージ東京で5位

2023年5月21日(日)から28日(日)まで日本各地で開催された国内最大規模の自転車ロードレースであるツアー・オブ・ジャパン2023(TOJ 2023)の最終第8ステージ 東京が5月28日(日)行われ、ギリシャのゲオルギオス・バグラス(マトリックスパワータグ)が5位でフィニッシュし、8日間に及ぶ大会を終えた。22日(月)第2ステージ 京都で1位、27日(土)第7ステージ 相模原で5位と、初のツアー・オブ・ジャパン参戦で存在感を見せつけたバグラスは、最終日の第8ステージ 東京で7.0km・16周の計112.0kmの大井埠頭周回コースを出走。メイン集団の中で平坦な大井埠頭の周回コースをチームメイトとともに順位をキープ。途中、選手との接触というアクシデントに見舞われたものの、最終周回では持ち前のスプリントで先頭集団に躍り出、区間5位でフィニッシュを決めた。GreeceJapan:ツアー・オブ・ジャパン2023:ギリシャのバグラス、第7ステージ 相模原で5位「日本の人々はとても親切で、どこに行っても温かくもてなしてくれることが嬉しい」と日本での日々の印象を語るバグラスは、フィニッシュ後声援を送る沿道の子どもに歩み寄ったり、メイン会場で待つファンとの撮影に応じるなど、自身とチームを支えたファンの応援に応えた。8日間に及ぶ激戦を戦い抜いたマトリックスパワータグの次なる舞台は、6月2日(金)開催される1dayレースのKozagawa-City International Road Race 2023、そして続く6月3日(土)から4日(日)の2日間開催されるツール・ド・熊野 2023となる。

スポーツ