1896年第1回近代五輪・マラソン競技の勝者の銀杯、ルーヴル美術館で展示

GreeceJapan.com/Junko Nagata

2024年4月24日(水)から9月16日(月)まで、フランス・パリのルーヴル美術館で、定期展「オリンピズム~現代の発見、古代の遺産」の主要展示物の一つとして、1896年(明治29)第1回近代オリンピック・マラソン競技の初代勝者であるギリシャのスピリドン・ルイスに贈られた銀杯が展示される。

ミシェル・ブレアル(Michel Bréal)がデザインしたこの銀杯は、現在スタヴロス・ニアルホス財団文化センターで展示されているもの。財団はスピリドン・ルイスの孫が売りに出したこの銀杯を2012年(平成24)に行われたクリスティーズのオークションで入手している。

永田 純子
永田 純子
(Junko Nagata) GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

関連記事

FOCUS GREECE-JAPAN

最新記事

POPULAR