東外大オープンアカデミーで福田耕佑氏による古代ギリシア語講座が4月から開講

GREEK

ギリシャ・テサロニキで研究生活を送った時のギリシャの日常をつづった「しがしが留学記」をGreeceJapan.comで連載し好評を博した京都大学文学部非常勤講師の福田耕佑氏が、東京外国語大学オープンアカデミーで今年4月から7月まで古代ギリシア語を学ぶ講座を開催する。

2022年度に開講された「コイネー・ギリシア語初級I、Ⅱ」の後継講座となる今回の講座では、2022年度にコイネー・ギリシア語を中心に古代ギリシア語の文法を中心に勉強した後、前年度に学んだことを受け、文法の復習を行いつつ古代ギリシア語原文の講読を行うという。

福田氏は今回の開講によせて、GreeceJapan.comに次のように語っている。

四月より「古代ギリシア語」という講座を東京外国語大学「オープンアカデミー」で担当させていただきます。本講座を通して何よりもまず、古代から中世を通し近現代に至るまで、思想家や知識人たちが自分の考えや理論を展開するために古代ギリシア語を用い続けたことを読解を通して伝えることを目指します。それに加え、現代語の一種である「文語」(カタレヴサ)を用いて書かれた文章も扱います。そのために古代の哲学新約聖書やビザンツ時代と近現代のキリスト教関係の文章といった時代を越えた作品を扱います。ギリシア語とギリシア文芸の息の長さと奥深さを従来とは違った観点で味わうことのできる講座を皆様に提供できればと思います。授業ではどっかいの他にも取り上げる作品の背景や知識を紹介するだけでなく、古代ギリシア語文法の復習、また古代語と現代語の両方を通して包括的にギリシア語を知ることができるような心がけますので、まだ読解に自信の無い方でも復習しながら楽しく作品を味わっていきましょう。

講座はオンライン開催。申込は3月7日(火)23:59まで受け付けている。

[ 東京外国語大学オープンキャンパス 古代ギリシア語(中級以上)講読Ⅰ(コイネー、中世、近代)]

開催日(回数):2023年04月11日~2023年07月25日 (全15回)
曜日:火曜日
休講日:5月2日
時間:19:30~21:00
会場:オンライン講座
定員:21 名
受講料:25,000 円

[ 講座内容 ]
(1) 近世の古代ギリシア語を読む
ギリシア啓蒙期に活躍したアタナシオス・パリオス(1721-1813)の古代語を用いて書かれた散文と詩を読みます。
(2) 中世の古代ギリシア語を読む
ビザンツ期の神学者ニコラオス・カヴァシラス(1322 – 1391)の『ハリストス(キリスト)に在っての生命について』から抜粋して読みます。時間に応じてビザンツ文学の詩も紹介します。
(3) 古代の古代ギリシア語を読む
マルクス・アウレリウス・アントニヌス(121 – 180)の『自省録』から抜粋して読みます。
(4) 新約聖書を読む
新約聖書から抜粋して読みます。
(5) 文語を読む
古代ギリシア語の知識を用いて、現代語の文語を読むことができるように教授します。新約聖書とヴァンヴァス訳文語訳聖書の比較と、コンスタンディノス・ゲオルグリス(1894-1968)の『ギリシア哲学史』の抜粋の講読を行います。

・申込ページ(東京外国語大学オープンアカデミー:古代ギリシア語(中級以上)講読Ⅰ(コイネー、中世、近代))

・福田耕佑のテッサロニキ「しがしが」留学記はこちらから!

永田 純子
永田 純子
(Junko Nagata) GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

関連記事

FOCUS GREECE-JAPAN

最新記事

POPULAR