農村での観光がテーマの国際シンポジウム、ギリシャを題材に5月開催

國學院大學観光まちづくり学部・石本研究室が主催して『EUにおける農村開発とボトムアップによる観光振興を考える―LEADER助成によるギリシャ・エーゲ海島嶼地域の事例報告から―』と題し、農村での観光「ルーラル・ツーリズム」をテーマとした国際シンポジウムを開催する。

今回の国際シンポジウムでは、ギリシャからイラクリオ開発会社代表ヨルゴス・マヴロヤニス氏、ドデカニス開発会社代表コンスタンティノス・ジフォス氏、イラクリオ開発会社副代表アマリア・タヴラドラキ氏を招き、プレゼンテーションおよびパネルディスカッションが開催される予定。

シンポジウムでは、1991年にEU加盟国内でスタートし、EU諸国における農山漁村地域開発ツールの一つとして特に注目に値する資金助成プログラム「LEADER」を、ギリシャ・エーゲ海地域で最もポピュラーな観光地とされるロードス島とクレタ島において実施・管理を担当する官民共同の組織「ドデカネス開発会社」と「イラクリオン開発会社」の各代表者をゲストに迎え、南エーゲ海島嶼地域の観光開発における各社のポリシー、および助成受益事業例の報告を交えながら、EUのボトムアップ・アプローチによる地域助成の在り方を考えるという。

[ 開催概要 ]

日時:2024年5月24日(金)17:00~19:45
会場:國學院大學たまプラーザキャンパス1号館講堂(神奈川県横浜市青葉区新石川3-22-1)
参加費:無料(※申込フォームから要申込み)
主催:國學院大學観光まちづくり学部 石本研究室
協力:國學院大學研究開発推進機構、國學院大學観光まちづくり学部地域マネジメント研究センター
後援:駐日ギリシャ大使館、日本ギリシャ協会
協賛:観光産業ニュース・トラベルボイス
連絡先:国学院大学観光まちづくり学部 石本研究室(t-ishimoto@kokugakuin.ac.jp)

[ プログラム ]

《第1部》110分(17:00~18:50)
・基調講演:石本東生・観光まちづくり学部教授
・プレゼンテーション:
ドデカニス開発会社代表 コンスタンティノス・ジフォス氏
イラクリオ開発会社代表 ヨルゴス・マヴロヤニス氏
イラクリオ開発会社副代表 アマリア・タヴラドラキ氏

石本東生・國學院大學教授

《第2部》45分(19:00~19:45)
・パネルディスカッション+質疑応答
司会:中嶋真美・玉川大学文学部教授/國學院大學観光まちづくり学部CMI客員研究員
パネリスト:マヴロヤニス氏、タヴラドラキ氏、ジフォス氏、石本東生教授

中嶋真美・玉川大学文学部教授

[ ゲストスピーカー紹介 ]

ヨルゴス・マヴロヤニス氏

イラクリオ開発会社代表 ヨルゴス・マヴロヤニス氏
アテネ経済大学組織管理ビジネス学科卒業。1988年、クレタ島における最初の開発会社AKOM-Mの代表に就任後、1991年に始まるEUのLEADER助成制度の初期段階より関わり、現在に至るまでLEADERによるクレタ島中東部の農村地域開発に取り組む。1998年より現職。

コンスタンティノス・ジフォス氏

ドデカニス開発会社代表 コンスタンティノス・ジフォス氏
アテネ農業大学大学院修士課程修了。農業エンジニアリング、農業バイオテクノロジーが専門。2000年よりドデカニス諸島における地方自治体および民間企業による地域開発技術支援マネジメント、EUによる各種助成プログラムの実施運用を手掛ける。

アマリア・タヴラドラキ氏

イラクリオ開発会社副代表 アマリア・タヴラドラキ氏
クレタ大学哲学部歴史考古学科卒業。1994年にイラクリオ開発会社入職後、農山村開発調整課において長年に渡りLEADER助成プログラムによるクレタ島中東部の持続可能な地域開発に注力。現在は同社の副代表を務める。

永田 純子
永田 純子
(Junko Nagata) GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

関連記事

FOCUS GREECE-JAPAN

最新記事

POPULAR