今日の写真:1821年ギリシャ独立の闘いの二人の伝説的女性

(左から) マンドー・マヴロゲノス、ラスカリナ・ブブリナ ©GreeceJapan.com/Junko Nagata

1821年3月25日に始まったギリシャのオスマン帝国からの独立を求める闘争には、二人の伝説的女性闘士が存在した。彼女らはいずれも裕福であり、全財産を闘いのために捧げた。

ラスカリナ・ブブリナ(Λασκαρίνα Μπουμπουλίνα/1771-1825)
没後193年後、彼女に名誉海軍少将の地位が授与された。

マンドー・マヴロゲノス(Μαντώ Μαυρογένους/1796-1840)
戦争の終結後、彼女に名誉陸軍中将の地位が授与された。

二人の生涯は映画になったが、1959年制作のブブリナの映画では、ブブリナ役を世界的に知られるギリシャ人女優イレーネ・パパスが演じている。

彼女らは船を建造し、軍隊を組織し、英雄的に戦い、戦争に多大な貢献をした。

写真の二人の肖像画はアテネの戦争博物館に所蔵されている。

永田 純子
永田 純子
(Junko Nagata) GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

関連記事

FOCUS GREECE-JAPAN

最新記事

POPULAR