稀代のソプラノ、マリア・カラスに特化した世界初の博物館がアテネに開館

photo: GreeceJapan.com

オペラ界不世出のディーヴァ、ギリシャのマリア・カラスが2023年に生誕100周年を祝って様々なイベントが行われた。

そんな中、2023年10月マリア・カラスに特化した世界初の博物館が開館した。

この博物館はアテネ大聖堂の向かい、ミトロポレオス通り44番地にあるアテネ市所有の1,070平方メートルの3階建の新古典主義様式の建物内に設置された。

博物館の主な使命は、カラスのアイコニックな芸術的個性と作品をより幅広い聴衆、特にオペラに馴染みのない聴衆に知ってもらうことであるという。

博物館の常設展示は1階と2階に分かれており、実践的な体験とインタラクティブな発見に重点を置いている。3階は定期的な展覧会、教育プログラム、マスタークラス、小規模なコンサートやイベントのための部屋があり、建物1階にはショップ&カフェレストラン「La divina」が来館者を歓迎している。

View of the first floor Maria Callas Museum. photo: Vangelis Patsialos
View of the first floor Maria Callas Museum. photo: Vangelis Patsialos
Costume from the performance of Norma, Epidaurus, 1960, from the collection of the Ministry of Culture. Photo: Vangelis Patsialos
photo: Vangelis Patsialos
Scarf “Fleurs de l’ Opéra” by Hermès – Paris, created by Julie Abadi, donated by Maria Callas Greek Society. Photo: Vangelis Patsialos
Scores studied by Maria Callas, donated by Maria Callas Greek Society and her myopia glasses from the collection of Nikos Charalampopoulos. Photo: Vangelis Patsialos
Collection of commemorative stamps of Maria Callas, donated by Maria Callas Greek Society. Photo: Vangelis Patsialos
Detail of the second floor of the Maria Callas Museum. Photo: Vangelis Patsialos

アクセスマップ

永田 純子
永田 純子
(Junko Nagata) GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

関連記事

FOCUS GREECE-JAPAN

最新記事

POPULAR