ギリシャの世界的作家カザンザキス原作の『宿命』日本語字幕上映レポート

左:福田耕祐・大阪大学PD研究員・文学博士、右:吉川弘晃・明星大学特任講師. photo: Junko Nagata/GreeceJapan.com

現代ギリシャ文学界でもっとも重要であり、またその作品がもっとも多くの言語に翻訳されたギリシャの世界的作家ニコス・カザンザキス(1883 – 1957)の作品「キリストは再び十字架に(Ο Χριστός ξανασταυρώνεται)」を、ギリシャ映画『日曜はダメよ』の監督であるジュールズ・ダッシンが映画化した『宿命(1957年)』を日本語字幕で上映するイベントが5日(土)東京・日野市の明星大学で開催された。

上映に先立ち挨拶するスティリアノス・フルムディアディス 駐日ギリシャ大使館臨時代理大使. photo: Junko Nagata/GreeceJapan.com

今回のプログラムは、共催のひとりである明星大学国際教育センター特任講師の吉川弘晃氏が、映画雑誌『キネマ旬報』のアーカイブより発見した1957年(昭和32)に日本で上映されたという当時の日本語字幕とともに、DVD化を含めこれまでソフト化されていない貴重な作品を上映するもの。

上映に先立ち、主催者である国際カザンザキス友の会のヨルゴス・スタシナキス会長がビデオメッセージで挨拶。続いて、スティリアノス・フルムディアディス 駐日ギリシャ大使館臨時代理大使が猛暑をいとわず駆け付け、ギリシャ文化に触れるまたとない機会となる今回のプログラムの盛会を祝うとともに、マケドニア大学バルカン・スラヴ・オリエント研究学部東・南東ヨーロッパ歴史研究所客員研究員の佐藤良樹氏が「ニコス・カザンザキスと『宿命』」と題して、映画とカザンザキスの背景について映像で解説を行った。

駐日ギリシャ大使館の関係者らと福田氏・吉川講師、教文館の手塚次長. photo: Junko Nagata/GreeceJapan.com

会場には1885年(明治18)創業され、銀座の地で130年以上に渡って人々に愛されている歴史あるキリスト教書店の教文館が、カザンザキス没後60周年を記念して2017年に出版した本映画の原作小説「キリストは再び十字架にかけられる」を携えて参加。

映画上映後には、GreeceJapan.comで「しがしが留学記」を連載し日本だけでなくギリシャ国内外のギリシャ人からも好評を博した本プログラムの世話人である大阪大学特別研究員の福田耕祐氏と吉川特任講師が「いま、『宿命』から何が見えるか?」と題した対談を実施した。

永田 純子
永田 純子
(Junko Nagata) GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

関連記事

FOCUS GREECE-JAPAN

最新記事

POPULAR