三郷市長選:現職の木津雅晟氏が5選

Junko Nagata ©GreeceJapan.com

任期満了に伴い行われた埼玉県三郷市の市長選挙は2022年10月23日(日)投票が行われ、現職の木津雅晟(きづ まさあき)氏が5回目の当選を果たした。

今回の市長選では「人にも企業にも選ばれる魅力的なまち」を掲げ、自民党、公明党、国民民主党が推薦した現職の木津氏が医師で前三郷市医師会会長の新人の青木成夫(あおき しげお)氏を抑え勝利。三郷町職員や三郷市議を務めた後、2006年(平成18)の市長選挙で初当選後、4期に渡り三郷市長を務めた木津氏が新人の青木氏を下した。

木津雅晟氏は1946年(昭和21)三郷市半田(はんた)生まれ。1969年(昭和44)三郷町役場入庁、1997年(平成9)三郷市議会議員選挙に立候補し初当選後市議を3期務め、2006年(平成18)の三郷市長選で初当選。以降、「みさとシティハーフマラソン」における駐日ギリシャ大使ほか大使館員の参加をはじめとする数々のギリシャ関連プログラムの開催のほか、東京2020オリンピック・パラリンピックのギリシャを相手国とするホストタウンとして、男子走り幅跳び金のテントグル選手を筆頭とするギリシャ陸上代表選手らの事前合宿を受け入れるなど、ギリシャとの確かな絆の構築に貢献し続けている。

関連記事

FOCUS GREECE-JAPAN

最新記事

POPULAR