ロンドンパラリンピック:ギリシャ、金銀銅メダルラッシュ

8月29日(水)から9月9日(日)まで開催されるロンドンパラリンピックで、ギリシャチームの快進撃が続いている。9月5日(水)時点で金メダル1、銀メダル1、銅メダル4の計6個のメダルを獲得しているのだ。

・ボッチャ団体戦(BC3)で金メダル

9月4日(火)行われたボッチャ団体戦(BC3)決勝で、ギリシャ代表のポリフロニディス‐パナノス‐コルダリ組はポルトガルに4-1で勝利し、ロンドンパラリンピックでギリシャに初の金メダルをもたらした。

ロンドンのエクセルで行われたボッチャ団体戦(BC3)の決勝にはグリゴリス・ポリフロニディス、ニコス・パナノス、エレニ・コルダリ(パナノスの交代として第4セットに出場)の3人が出場、ポルトガルに4-1で勝利し優勝。

ポリフロニディスはパラリンピック北京大会においてボッチャ個人で銀メダルを獲得しギリシャのボッチャ競技初のメダルを獲得しており、今回団体戦(BC3)での金メダル獲得に喜びを隠しきれない様子で「どんな言葉でこの喜びを表現したらいいのかわかりません」と語り、続く個人戦でのメダル獲得に意欲を見せた。

・男子円盤投げ(F40)で銀メダル

また同日4日(火)に行われた男子円盤投げ(F40 )決勝では、ギリシャのパスハリス・スタセラコスが44.11mでギリシャ・ヨーロッパ記録を打ち立て銀メダルを獲得した。男子円盤投げ(F40)決勝では同じくギリシャ代表としてアレコス・コンスタンディニディスも出場、37.59mで第6位に入賞した。

・男子重量挙げ90kg級で銅メダル

現在41歳のパヴロス・ママロスは4日(火)行われた男子重量挙げ90kg級決勝で232kgを挙げ銅メダルを獲得。北京大会での銀メダルに続き二つ目のメダルを獲得した。

・陸上女子400m(T13)で銅メダル

3日(月)に行われた陸上女子400m(T13)決勝では、アレクサンドラ・ディモグルーが56秒91で自己記録を更新し銅メダルを獲得した。

・男子水泳で2つの銅メダル

水泳競技では、3日(月)の男子100m自由形(S2)決勝でアリスティディス・マクロディミトリスが2分21秒04を記録し銅メダルを獲得。また同日行われた男子100m背泳ぎ(S13)決勝ではハラランボス・タイガニディスが1分01秒10で銅メダルを獲得した。

関連記事

FOCUS GREECE-JAPAN

最新記事

POPULAR